オスグッドで来院される子供の特徴

しばた整骨院に学生でみえる症状の中でトップはオスグッドの痛みでスポーツができない子がご来院されます。福岡市内はもちろんですが、福岡県外の九州一円、中国地方からご来院されることも多数です。

当院では病院や他の治療院に3カ所通っても治らなかったオスグッドでも、早く痛みをとることができ、平均治療回数は2~3回、週1回の治療で、おおよそ2~3週間で痛みが取れます。

そんなオスグッドを数多く診てきた当院がオスグッドで来院される子供の特徴を紹介します。

オスグッドで来院される子供の特徴

オスグッドはスポーツをしている子供に多く発症します。競技別に多く見えているがバスケ、サッカー、野球、陸上、テニスの順に多い(当院調べ)です。野球をしている画像

年代は小学生が41%、中学生が59%で中学生に多い印象です。まれに大人でオスグッドが痛いという方もいます。

男女比は一般的には男の子に多いとされていますが、当院では男の子が約70%、女の子が約30%と女の子にもしばしば発症しています。

上記に示した競技や年代や性別に限らず、オスグッドになりやすい子供にはある共通点が実はあります。

オスグッドになりやすい子供の共通点とは?

それは単刀直入に

身体が硬い!!

ことなんです・・・・。

身体が硬い女性

男の子も女の子もほぼみんな身体が硬く、立った状態で前屈させる立位体前屈をするとよく分かりますが、指先が地面に着かないです(笑)

身体の硬い状態でスポーツをしていることで、成長期における太ももの筋肉が通常の子供よりも負担がかかりやすくなり、その筋肉に引っ張られて、骨が成長する中で、オスグッドが発症します。

では、オスグッドを良くするには身体をストレッチをしてやると早くなおるか?

それは次回にお話したいと思います。