2018-11-8 足の痛み

成長痛で2番目に多いセーバー病について

 

成長痛の中で1番よく診るのが

膝下の痛みのオスグッドです。

 

次いで2番目に診るのが、

セーバー病というもので

セーバー病は「踵骨骨端症」ともいい

いわゆる、かかとの痛みです。

 

セーバー病とは?

踵骨骨端症、セーバー病、シーバー病ともいい、

オスグッドよりやや早い10歳くらいからみることが多いです。

セーバー病はオスグッド同様に

サッカーやテニス、陸上競技、バスケなどのスポーツで

よく発症します。

かかとの骨がアキレス腱によって

繰り返し引っ張られることで

かかとの骨の一部が炎症を起こしている状態になります。

 

症状として、踵やその周辺が

☑歩いた時に痛む
☑ジャンプすると痛い

☑押すと痛い

があり、運動に支障が出てきてしまいますので

子供さんのことでご相談されることが多い疾患の一つです。

 

セーバー病を治療するには

セーバー病の治療は病院では安静やテーピング、

または超音波治療をすることで、患部の鎮静化を狙うことが多いです。

しかし、痛みが取れ、運動を再開すると

また痛むの繰り返しが起きます。

当院ではセーバー病は

まず足の使い方、歩き方を診ます。

セーバー病のお子さんは足首の関節が硬い子が多いので

柔らかくするストレッチを教えます。

 

患部の治療としては

かかとの骨に負担のかかるところを集中治療することで

通院1~3回ほどで痛みなく動けるようになります。

当院のセーバー病治療は運動を制限しなくてもOKです。

再発を予防するための、セルフケアもお伝えしますので、

何度も通院する必要はありません。

 

お子様でかかとの痛みがずっと取れなくて、

悩んでいるときはお早めにご相談ください。

きっと解決できる提案ができます!

新規コメントの書き込み

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)