五十肩について

最近こんな症状はありませんか?

  • 最近、肩が上がりにくい
  • 服を着替えるのがつらい
  • 夜、寝ているときに肩がうずく
  • 家事がしにくい
  • 腕が背中に回らない
  • 腕を動かすだけで肩に痛みが走る

四十肩、五十肩は40~50歳代に多く発症します。肩の症状の中では多くの方が悩んでいるものの1つです。


五十肩は肩を構成する軟骨や靭帯、筋肉の中を走る毛細血管が老化によって擦り合って、内出血が起き、癒着や炎症を招いて、さらにひどくなると拘縮という固まった状態にもなります。

しばた整骨院に五十肩で悩んで、来院される方はとても多く、腰の症状についで2番目に多いです。

五十肩で悩んでいる方の多くは病院やマッサージで「レントゲンを撮ったけど、骨には異常ない」「痛み止めの注射をしたけど変わらない」「肩のストレッチをしてください」「時期が来たら治る」

このように言われた方が非常に多くいますが、ほとんどの方は良くなっていないどころか、さらに痛みが強く出ることで不安にかられながら、ご来院されています。

五十肩が起こるメカニズムとは?

先にも述べたように、原因は肩やその周りの筋肉等の老化です。
しかし、この老化を引き起こす元は単純に加齢による衰えだけが原因ではなく、首や鎖骨、肩甲骨、背骨のゆがみにより、肩全体の動きが悪くなっていくことで起きています。

また若い頃からの慢性的な肩こりを持っている人にも五十肩は多く発症します。PCなどのデスクワークや運転業務などの作業をしていると、首や肩周りの筋肉は段々と疲れていきます。

この状態を続けていると、身体に対して肩が前に入った状態いわゆる巻き肩になります。

巻き肩になることで、背中の肩甲骨周りの筋肉は引っ張られ、突っ張った状態になっていきます。
この肩甲骨まわりの突っ張った状態は肩の動きに大きく影響を及ぼします。

本来、腕を上げる時には肩甲骨も動きながら、腕が上がります。しかし、肩甲骨の動きが固くなることで、腕も上がりにくくなります。

この状態が続くと血行不良が起き、肩の老化現象がじわじわと進んで行き、ある日突然、五十肩症状が起こります。

痛まなくなるにはどうしたらいいの?

当院の五十肩の施術は以下を重点的に診ます。

  • 首、背骨、腰の骨のゆがみの調整
  • 巻き肩の調整
  • 肩甲骨の動きを高める
  • 肩周りの1つ1つの筋肉の調整

しばた整骨院に通われている五十肩の患者様は平均8~12回の治療を受けることで肩の動きが広がり、痛みがなくなり治っていきます。

初回でも効果を実感される方も多くいます。中には病院や整体、カイロプラクティックの数々を渡り歩いてきたけど、変化のなかった方までも改善されています。

辛い五十肩から解き放たれることは、仕事のほかレジャー、ゴルフなどのプライベートは充実したものになるでしょう。

もうこれ以上五十肩を我慢しなくて大丈夫です!!

しばた整骨院では痛みや不安解消のために「通わなくていい治療院」であること、そして、より良く健康でいるために「通いたくなる治療院」であることに取り組んでいます。