子供の肘の脱臼(肘内障)について

3才前後のお子様の腕を引っ張って泣き出したとき、そのまま肘をぶら~んとさせて曲げなくなったときは肘の亜脱臼(肘内障)かも?

肘の脱臼(肘内障)って?

肘内障は3才~6才ぐらいの子供にときどき発症する肘の亜脱臼です。亜脱臼というのは関節が完全に外れるのではなく、靭帯によってくっついている部分が引っ張られたことで、外れかかった状態です。

こどもの肘の脱臼の肘内障は整骨院でも治療できます

肘内障を治すには?

肘内障に初めて発症したときは子供の腕がぶら~んとなるので、たいていの保護者の方はビックリされるでしょうが、まずは落ち着いてくださいね。

発症の多くは子供と手をつないでいて、こっちに来させようとして引っ張ったときになることが多いです。

仲良し姉妹

肘内障の処置は整骨院や整形外科ででき、発症してからあまり時間をたたずに関節をはめる整復動作をすると簡単に治ることがほとんどです。整復後は固定などはしなくても、何事もなかったように過ごせますので、心配する必要はありません。

肘内障はクセになる?

1度肘内障になった子はクセになる?実際に何回か繰り返す子がいるので、そういう風にとられます。
しかし、多くは7歳以上になると靭帯や筋肉がしっかりしてくるので、それまでに何回も繰り返し外れたとしても、次第に外れなくなりますのでクセの心配や将来の成長障害などの心配は必要ありませんのでご安心ください。。

肘内障は当院でもときどき見かける疾患です。お子様が肘が外れた?肘内障かな?と思った際はまずは落ち着いてご相談ください。