胸郭出口症候群

胸郭出口症候群でお悩みの方はこんな症状はありませんか?

  • 字を書くときに腕がしびれたり、痛みが走る
  • 握力が弱くなっている気がする
  • 腕や指先が痛み・しびれが出る
  • 肩、脇、腕にチクチク痛みがある

胸郭出口症候群の症状は個人差があります。
また、肩や背中周りのマッサージやストレッチだけでは改善はしません。

胸郭出口症候群とは?

 

胸郭出口症候群は首~肩・手をにかけて走る神経や血管が圧迫されることで、痛みやしびれが起こる症状です。病院では手術を勧められたりすることもしばしばあります。

胸郭出口症候群には障害を起こす部位によって3つに分類されます。

  1. 首の筋肉で圧迫されると斜角筋症候群。
  2. 肋骨と鎖骨で圧迫されると肋鎖症候群。
  3. 胸の筋肉で圧迫されると小胸筋症候群。

この3つを見極めたうえで的確に施術しないと、なかなか改善に至らないことが多くなります。その他にも日常生活における姿勢動作の改善も必須になります。

胸郭出口症候群の原因は?

胸郭出口症候群は日常生活の姿勢の崩れによって、筋肉や骨のバランスが悪くなり、神経・血流が障害されて起こります。

例えば、長時間の運転によって、肩が前に出て背中の筋肉が引っ張られたりしたり、腕が捻れて血流障害を起こすことなどによって発症します。

的確に胸郭出口症候群の原因部分を捉え、日常生活の身体の間違った使い方・クセを治していくことが症状改善の早道になります。

当院では胸郭出口症候群に悩み、病院で手術を考えていた方も含め、多くの方を施術してきました。
痛みやしびれの改善はもちろんですが、今まで控えていたことができるようになったと喜んでいただけています。

本気で胸郭出口症候群を改善されたいあなたのご連絡をお待ちしています。