セーバー病について

踵の痛み

セーバー病とは

セーバー病は踵骨骨端症ともいいます。セーバー病は小学校4年生ぐらいの10歳前後から徐々にみられる踵(かかと)の痛みであるため、成長痛の一種ともいわれます。

主にサッカーやバスケットボール、野球、バレーボールなどのスポーツをしている子に発症する事が多いです

お子様でこんなお悩みはありませんか?

  • 走った後に痛がる
  • ジャンプして着地のときに痛む
  • 踵の一部分を押すと痛む
  • 病院で安静にするしかないと言われた
  • 早く練習に行きたい

セーバー病は安静にするしかないと信じられていますが、本当は違います。

セーバー病は当院で改善が見込まれる症状です。セーバー病・オスグッド病は当院の得意とする症状の1つです。

セーバー病が起こるメカニズム

セーバー病の図

セーバー病は走ったり、ジャンプしたりする動作により、アキレス腱が伸び縮みし、踵の骨が繰り返し引っ張られることで痛みが出てきます。

10歳前後の骨は成長過程であり、骨に成長軟骨と呼ばれる部分があり、ここに繰り返し足を動かすことでのストレスがかかり炎症が起きます。

セーバー病は引っ張られた骨と筋肉を緩めることが重要です

サッカーする子供

セーバー病は安静しても治りません。また、シップや鎮痛剤、温めたり、電気を流すだけでは治りません。

セーバー病を改善させ早期にスポーツ復帰させるためには、踵に負担をかけている筋肉を緩める必要があります。また負担のかかった骨の緊張を緩めるための独自プログラムにより2~4回ほどで痛みが軽減されます。

セーバー病はスポーツを頑張っている子供に多く発症します。スポーツのやりすぎによって、筋肉が硬くなり、骨が引っ張れて起こります。

当院ではセーバー病の施術はもちろんですが、身体の柔軟性を上げ、スポーツパフォーマンス向上のための、動作指導もしていますので、お気軽にご相談ください。