坐骨神経痛について

いまどのようなお悩みがありますか?

  • 神経痛は治らないと思い込んでいる。
  • 病院で鎮痛剤と湿布だけで変化が見えない。
  • どこに行ったらいいのか分からない。
  • 座っているとお尻や太ももに違和感がある。
  • 背中や腕に違和感や張りがある。
  • ヘルニアと診断されたことがある。
  • レントゲン検査で骨の間が狭くなっていると言われた。

このようなお悩みでしたらまとめて解決する方法がありますので、以下を読み進めてみてください。

坐骨神経痛の原因と説明について

足のしびれ画像

坐骨神経は腰から足にかけて伸びる神経で人間の身体の中で一番太い神経と言われています。

坐骨神経痛の原因となることの多くはデスクワークによる座りっぱなしや片足に重心かけ立ったことにより、腰やお尻周りの筋肉のバランスが崩れ、痛みや神経痛症状を引き起こすことを坐骨神経痛といいます。

坐骨神経が障害をうけ、痛みや張りが出やすい部分で一番多いのはお尻で次いで太もも、ふくらはぎへと続きます。

坐骨神経痛の改善は当院にお任せください!

柴田院長写真

坐骨神経痛の施術は原因によって異なります。
例えば、骨盤からくるもの、足の重心の崩れからくるもの、骨のゆがみからくるもの、内臓の機能低下からくるものなどがありますので単に腰や足を温めたり電気をしたらいいというわけではありません。。

しびれの範囲も腰周りだけなのか?お尻や太もも、ふくらはぎまで及ぶものなのか?を確認します。

当院ではしっかりと問診や動きの検査を行ない、原因を見極めて患者さまにはしっかりと状態を説明します。また通院回数や日常生活上のアドバイスをご納得いただいた上で、それぞれの原因に沿った骨盤、背骨・足のバランスを整えるなどの施術することで、神経の通りを正常化させ痛みやしびれ、張りなどの坐骨神経痛症状を早期に改善させ、早く不快なしびれを軽減させることができます。

坐骨神経痛は1回の治療で治ることはまれですが、回数を重ねることで、神経が回復し、しびれが軽減して以前のようにスイスイと動ける身体になっていきます。

また、再発を予防するための歩き方や立ち方などの日常生活の注意点やセルフケアもお伝えしています。

お尻、太もも、ふくらはぎに違和感や痛みがある場合はお気軽にご相談ください。