インフルエンザにR-1!

先月の9/19~23にかけて、インフルエンザに罹り、整骨院を臨時休診しました。その際にご来院予定だった方には大変ご迷惑をおかけしました。

まさかこの季節にインフルエンザだったので、ビックリでしたので、関連記事を書いてみました。

インフルエンザ予防でよく聞くのが、予防接種とR-1ヨーグルトは有名ですよね。実際、今回インフルエンザになる直前にずっと行動してたのにもかかわらず、インフルエンザにならなかった母はいつもR-1ヨーグルトを食べています。R-1ヨーグルト種類

でも、正直なところR-1ヨーグルトって、他のヨーグルトに比べて、少々値段が張りますよね。1、2回が効くものなら、高くても買おうと思いますが、日常的に食べるのにはちょっと・・・と考えてしまうという方に朗報です!!

R-1ヨーグルトをお安く食べれるようにする!

結論でいうと作る!!のです。

準備するもの:ヨーグルトメーカー、種菌となるヨーグルト(ドリンクタイプ)、牛乳(成分無調整)1リットル

うちで使っているヨーグルトメーカーは、↓こんなのです。最近のヨーグルトメーカーは牛乳パックごとセットできるのがほとんどで、容器を殺菌処理しなくていいので、とても楽です。

イメージとしてはこんな感じにセットします。

上図のように牛乳を買って、R-1ヨーグルト(ドリンクタイプ)を入れた牛乳を、ヨーグルトメーカーにセットすることで、6~7時間ほどでちゃんと固まった市販されている感じのヨーグルトになります。このときに砂糖は入れなくてもOKです。

注意点はヨーグルトは固形タイプではなく、ドリンクタイプの方が混ざりやすいのでおススメです。牛乳は加工乳ではなく、成分無調整の牛乳でないと、固まらないです。

市販品との違いは?

明治のHPからの引用ですが、作ることはできるけど、市販と自作では乳酸菌の量は違うよ~という書き方をしています。
R-1ヨーグルトを種菌にする注意点

それでも、作ってみたいという方はチャレンジしてみてください。作り方を直接聞きたい方は、院長に聞いてください。