オスグッドの特徴について

福岡市西区のしばた整骨院ではオスグッドの専門施術に取り組んでおり、数多くオスグッドで来院される子供の共通の特徴を紹介します。

オスグッドで来院される子供の特徴

オスグッドはスポーツをしている子供に多く発症します。競技別に多く見えているがバスケ、サッカー、野球、陸上、テニスの順に多い(当院調べ)です。野球をしている画像

年代は小学生が41%、中学生が59%で中学生に多い印象です。まれに大人でオスグッドが痛いという方もいます。

男女比は一般的には男の子に多いとされていますが、当院では男の子が約70%、女の子が約30%と女の子にもしばしば発症しています。

上記に示した競技や年代や性別に限らず、オスグッドになりやすい子供にはある共通点が実はあります。

オスグッドになりやすい子供の共通点とは?

それは身体が硬い!!ことなんです

身体が硬い女性

男の子も女の子もほぼみんな身体が硬く、立った状態で前屈させる立位体前屈をするとよく分かりますが、指先が地面に着かないです(笑)

身体の硬い状態でスポーツをしていることで、成長期における太ももの筋肉が通常の子供よりも負担がかかりやすくなり、その筋肉に引っ張られて、骨が成長する中で、オスグッドが発症します。

では、オスグッドを良くするには身体をストレッチをしてやると早くなおるか?

オスグッドにはストレッチが有効?

オスグッドは上記にも述べたように関節の硬い状態で足の筋肉を使うことで、負担がかかり、骨が引っ張られてオスグッドを発症しがちになります。

オスグッドを良くするにはストレッチが意味がないのかと言われれば、決してそんなことはありません。身体的パフォーマンス向上させるには柔軟性を高めるのは重要だと考えています。

しかし、オスグッド良くするためにストレッチをして柔軟性を高めることを念頭に置くと、数ヶ月の時間がかかりすぎるので、おススメはしません。ストレッチだけで治そうとせずに専門的なオスグッド治療をして、痛みが取れ動けるようになったうえで、ストレッチをした方がパフォーマンスを向上させるのに効率が良くなります。

オスグッドに太もものストレッチは厳禁!!

オスグッドで上図のストレッチされていませんか?こんなストレッチをすると悪化します!!

しばた整骨院に来られるオスグッドの方も他の整骨院でストレッチを指導されてどんどん痛みが強くなったお子さんがたくさんいます。硬くなった筋肉を伸ばすと、膝下にストレスがかかり、痛みがますます強くなることが多いので、おススメはしません。

オスグッドは中学生の夏の部活終了後にはほとんどの子が痛みが取れてしまいます。それまでその膝下の痛みは我慢できますか?骨の出っ張りは我慢していると出てきますし、大人になっても残ります。

早めの対処が肝心ですので、オスグッドは福岡市西区の整骨院、しばた整骨院にお気軽にご相談ください。