必見!セーバー病を早く改善させるのに必要な2点!

踵の痛みはしばた整骨院へ

安静にしても治らないセーバー病でお悩みのお子様がおられたら、福岡市西区のしばた整骨院にお任せください。当院ではここにしかない施術で早期に改善させ、運動復帰を実現します。

セーバー病は安静にしても治らない!?

セーバー病についてはコチラをご参照ください。

サッカーや野球、バスケなどで走ったり、飛び跳ねる動きをすることでアキレス腱を含む下腿の筋肉から踵に負担がかかり、次第に痛みを生じます。安静にすることで一時的に痛みが引くことがありますが、運動を再開すると痛みも再発します

ずっと痛みがあることで、動くのが億劫になり運動復帰が遅れ、次第に周囲との差を生じる結果になりますので、早めの対処が必要です。

セーバー病治療ポイントは2つ!

セーバー病は早期であれば運動制限もすることなく改善できます。ゆえに症状があったり、足を気にするような素振りを感じたら、速やかに施術するのが肝心になります。

当院ではセーバー病における治療ポイントは2つです。

1.足首
セーバー病のお子さんは足首の可動域が悪く、硬い傾向があります。以下のようにうつぶせ寝の際に隙間が生じるときは足首の硬さがあり、動きの調節と毎日の自宅でのセルフケアが必要でお伝えしています。

足首が固いとパフォーマンス低下になります

2.足根骨
足根骨は足首から下の骨で細かい骨が存在していますが、そのうちの赤で囲った部分を触ってゆがみを確認しながら1つ1つ調整していきます。特に痛みの部分となる踵骨においてのセルフケアをお伝えしています。

足根骨調整をします

この2つのポイントを施術し、かつ自宅でのセルフケアを行なってもらうことで、早期に改善し、運動復帰することができます。

セーバー病を早く治すための注意点

セーバー病はわりと小学校低~中学年である8~10才前後から見られることがあり、セルフケアを伝えても、本人任せではなかなかうまく行えないことがあります。

なので保護者の方の協力が不可欠です。ケアの仕方はわかりやすくお伝えしますので、ご自宅で親子でご一緒に行なっていただいたほうが効果的です。

子どもさんの治療には保護者の協力が不可欠です