症状別ページlabelセーバー病

セーバー病とは セーバー病は踵骨骨端症ともいいます。セーバー病は小学校4年生ぐらいの10歳前後から徐々にみられる踵(かかと)の痛みであるため、成長痛の一種ともいわれます。 主にサッカーやバスケットボール、野球、バレーボー…

続きを見るarrow_forward