腰痛の原因と予防と対処法

スフィンクスのイラスト

腰痛に悩まされている方は、老若男女関わらず多くいらっしゃいます。今回は、腰痛の原因とその対処方法や予防方法をご案内致します。

まず、「腰痛」は症状のことで病名ではありません。いったい身体のどんな不調のせいで腰痛は引き起こり、どんな対処法があるのでしょうか。

腰痛の原因は不明な部分が多い

腰痛の原因は様々な原因があります。ですが、実は腰痛がなぜ起きているのか原因を特定できるものは15%程度しかないといわれています。
代表的な腰痛の原因は以下のものです。

代表的な腰痛

・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄
・腰椎を直接圧迫するような圧迫骨折
・細菌感染や癌などの疾患による腰痛

一方で85%の腰痛は原因を特定することが出来ていないとも言われています。ストレスや不安、睡眠状態や生活習慣などが影響を及ぼしていることもあります。レントゲンなどではわからない神経の障害などで痛みが起きている可能性もあります。

腰痛にならないための予防法

腰痛が起きると、なかなか素早く動くことができず普段通りに生活することは難しいです。ですので、普段から出来るときに予防となるストレッチなどを行ってみるのもお勧めです。

1.お腹のストレッチ

まず、うつ伏せになって手のひらを床に向け、身体の前面が全て床に着くように両腕を伸ばします。
腰痛ストレッチ1

ゆっくりと上半身を起こしながら、肘が90度になるように曲げていきます。
腰痛ストレッチ2

スフィンクスのようなイメージで、腰をちょっと反る感じです。

これを痛みがでない程度に腕を曲げ伸ばして数回繰り返してください。

2.背中と腰のストレッチ

仰向けになって寝ます。

膝を曲げて両手で包むように抱えます。
腰痛ストレッチ4

両膝を胸に近づけるように引きながら、身体もまるめて腰の筋肉を伸ばすように膝を近づけます。
腰痛ストレッチ5

10秒ぐらいかけて、ゆっくりともとの仰向けの状態に戻すという動作を数回繰り返します。

疾患系の腰痛はなかなか予防が難しいですが、筋肉系の問題で引き起こる腰痛は予防が効果的ですので、時間があるときに行うと効果的です。

腰痛になった時の対処法

予防していても腰痛になってしまった時に、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、原因を突き止める必要があります。先ほど原因の85%は不明なことが多いとご案内しましたが、疾患系の場合もあるため、まずは原因を探りましょう。

疾患ではなく、筋肉や関節の異常や身体のバランスの崩れからくる腰痛の場合はどうすれば良いのでしょうか?

病院や薬局で手に入れた薬で痛みを消すという方法を選ぶ方もいますが、実際は根本的な解決にはなっていません。

病院のイメージ

根本的な原因を解決するには、やはり整骨院や接骨院などの施術を受けることが短時間で尚且つ効果が見込めるといえます。

身体が痛みを発しているということは、多くの場合はそこに異常があるからです。整骨院のような施術の目的は、痛みの緩和の場合もありますが多くの場合は、痛みのもとの異常を取り除く目的であります。

今回は、腰痛の原因と予防と対処法を簡単ではありますがご案内致しました。
腰痛は一度引き起こされるとなかなか痛みが引かない腰痛もあるので、事前の対策も大事なものとなりますが、福岡市西区の整骨院、しばた整骨院ではこのような腰痛のアドバイスなどもしております。

身体の状態説明