頭痛の悩みに整骨院が良い理由

頭痛を我慢する女性

日本人の15歳以上のおよそ25%の人が頭痛に悩まされており、「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」の3つが三大慢性頭痛と呼ばれています。

頭がズキズキと脈打つように痛み、酷い場合は吐き気をもよおすことがあるのが片頭痛です。
そして、頭がギューッと締め付けられるような鈍痛が続くのが緊張性頭痛といいます。

なかでも、この二つの頭痛が多くの方の悩みとなっている場合が多いです。

頭痛でこんな悩みを持っていませんか?

頭痛持ちの方の悩み

  • 昔から薬で頭痛を誤魔化している
  • 頭痛だけでなく肩こりも酷くなってしまった
  • 疲れがたまると、夜は必ず頭痛がひどくなる
  • 頭痛が酷くなると吐き気がする

こういった悩みは、多くの頭痛持ちの方が持たれている悩みです。

病院では薬を処方されるだけが多い

頭痛を持たれている方の中には、脳神経外科や頭痛外来の病院でCT検査を受けたことがある方も多いかと思います。ですが、その結果の多くは「検査結果には問題ありませんでした」という答えが多かったのではないでしょうか?

痛み止めの図

痛み止めなどを処方され、異常がなかったことにホッと胸をなで下ろし家路につく。そんな方が多いですが、それでは問題の根本的な解決には至っていません。

現代の医学では根本的な解決に至る原因を追究できていないということもあり、病院ではなかなか頭痛を治すということは難しいのです。

そのため病院での頭痛を治療するシステムも万全といえる状態ではないと言えます。ですので、痛み止めで誤魔化しながら生活する人が沢山いるのです。

整骨院でスマホネックを治す

頭痛は多くの場合、整骨院で筋肉の緊張と身体の姿勢(骨)を正しい位置に正すことで改善することが可能です。

例えば最近多いのが「スマホネック」と呼ばれる状態です。

スマホを使う女性

スマホを使う時の姿勢が悪く、その姿勢が原因で起こる状態のことを指しているため、啓発の意味をこめて「スマホネック」と呼ばれています。

正常な状態の人の首は側面からみると、反り返る形でカーブをしていますが、スマホネックの方はカーブがなくなり真っ直ぐになっています。このスマホネックの状態は、頭痛やめまい、肩こりや不眠を引き起こすといわれています。

スマホを使い続けると・・・・

スマホを使い続けると首の骨のカーブがなくなります。

なぜこのような状態はなってしまうかというと、正しくない姿勢でいると、筋肉を使わなくて良い状態になるからです、筋肉を使わないため、正しくない姿勢を身体が楽だと感じてしまうからなのです。

筋肉を使わない代わりに骨格や血管、神経に負荷がかかっている状態であるにも関わらず、その姿勢を楽だと認識してしまい継続してしまうと、このように身体のバランスの崩れから様々な症状を誘発してしまうのです。
ですので、バランスの崩れた骨格や姿勢を正しく整骨院で戻してあげることによって、頭痛や肩こりなどを根本的に減らしていくということが大事なのです。

整骨院で姿勢と骨格のズレを正して頭痛を改善

多くの人が、姿勢の悪さや骨格のズレからくる頭痛に悩まされています。痛み止めで誤魔化しながらここまで来てしまった方でも、痛みを緩和の方向に改善していくことを諦める必要はありません。

福岡市西区のしばた整骨院では、専門のスタッフがしっかりとした症状のヒアリングを行い根本的な治療を目指して施術を行います。

早い方では、3回前後の通院で効果を実感される患者様もいらっしゃいます。疲れがたまった時や、痛み止めが切れると頭痛が辛いという方は、しばた整骨院にご相談ください。